2020.07.08 Wednesday

登山・ハイキングガイド 恵山

北海道の南、道南に絶景の山がある、どんな絶景かというと日本じゃないような火山の山なんです。
函館の右側の渡島半島の南東端、太平洋に突き出た位置にあり、標高は618mしかなんいですが、火山の景色と山頂は3方向海にかっこまれ本州も見渡せる絶景の山なんです。
登山口は 標高300メートルの火口原駐車場からがポピュラーで駐車場に行くだけども火山の荒れた山がドーンと見えて、そこからはお手軽な登山となるんですがそれでは面白くないので、恵山東側のホテル恵風から登るルートです。
ほぼ海からスタートで標高0mから最初は気持ちのいい森を抜けどんどん木がなくなり、海の景色がドーンと見えた始めると、今度は火山ゾーンで山頂と バリエーションに富んでます。更に降りてくると水無温泉という無料の海の先端にある温泉にドボーンとできるんです。
駐車場はホテル恵風の向かいにある公園の駐車場が利用できます。
まずはホテル恵風の横の登山口から森に入っていくような感じで入山します。 いきなり整備された公園のような感じなので道がしっかりついてないので迷いやすいですが、スタート前に恵山の右側の鞍部に登るので少し駐車場で方向は確認しときましょう。
少し整備された場所を抜けるとと再度登山口の案内が出てここからは明確な道がついています。
しばらくは気持ちの良い森を抜けていきます。 行った時は春で新緑がとても綺麗でした。
気持ちよく歩くと椴法華からの林道に出ます その林道をつめて登ると砂防ダムが見えてきて、その脇からが恵山の台地に登るつづら折りの急登となります。
何度かつづら折りを超えていくと木々がひくくなり、海の景色が見えてくるともうひと頑張り。
少し頑張ると高い木がなくなり、草原となり隣には荒れた恵山が見えてきて、恵山の台地に到着です。
ここからは火口原口から来る登山道と合流するとここからが恵山の本格的な登山の始まり
景色が一気に荒れた大地といろんな形の奇岩なんど荒涼とした景色の中高度を上げていきます
途中白い煙が岩の隙間から出てきてたり、大地が生きてる山なんだなぁと実感できます。
初めて行ってときは景色がメキシコの荒野と言って景色です(メキシコには行ったことはないのですが・・・)
景色はワイルドですが階段状のところもありますが、意外としんどくなく山頂についてしまします。
景色はもちろん絶景です。 山頂直下の崩落部分が見え、高度感に600mとの山とは思えないです。
山頂標識から更に奥に進もと恵山権現の鳥居があり、参拝できます。 ここは昔修験者の山だったんですね。
ここからは天気がいいと3方向海に囲まれ本州も見渡せます。 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
カウンター
H2OアドベンチャーFacebookページ↓↓「いいね」をクリックしてね。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM